平均寿命が世界一という話のウソ、ホント・・・

突然ですが、あなたは長生きしたい人ですか?
いやそれなりに生きれば十分と思いますか?
今回は平均寿命のお話しです。

今や日本は長寿大国といって過言ではありませんね。
だって女性の平均寿命が世界一になったのですから。
でも、ちょっと待ってください。
ちょっとさかのぼって2012年の統計を見ると、
日本は惜しくも世界2位なんですよね。
数字の上ではわずかですが、香港に負けているんです。
じゃあ、なぜ世界一なんて謳っているの?って感じですよね。
しかも、長寿でまだ元気な人って数少ないのに…。
そもそも、長寿って良いことなのでしょうか?
だってね、私自身がそんなに長生きしたくないタイプの人なもんで。
介護まで受けながら生きながらえる位なら、
私だったらまだ早い段階で亡くなった方がいいとさえ思ってしまいますね。

ところが、諸外国のご長寿さんは年をとっても、精神が若いというか
元気な人が多い印象です。
そもそも長寿というか平均寿命なんて何で統計出しているんでしょうか。
多分これは私の推測ですが、食物連鎖の頂点にいる人間が増えすぎても
自然のバランスを崩してしまうからではないでしょうか。

しかし、この平均寿命って数字は日本では100歳以上を統計から除いているため
実際には日本の場合、短く算出されているってご存知でしたか?
じゃあ、もしかしたら長寿世界一というのも嘘になりかねないってことですよね。
おそらく世界各国によって計算方法って異なるでしょうから、
他にも除外している年齢層がありそうですもん。

うーん、これはまた問題を見つけてしまいましたねぇ。

また平均寿命とは何も人間のことだけを指すのではありません。
工業製品ならば、平均寿命とは安全に使用できる期間のことですからね。
その場合平均使用年数と言い換えたりします。意味は同じようなものですが。
それに電化製品だって、平均より壊れるのが早いことだってあります。
だからあくまで目安の数字ってことなのでしょう。
とは言っても実際にご長寿の方を目にすることがあるから
数字もあながち間違ってるとは言えません。
うーん、こうなると何を信じていいのやらわかりませんね(汗)

さて、ここまで語ってきましたけれど、
これでもなお、あなたは長生きしたいと思いますか?

なんだかんだ言っても男性社会だな、、と思ってしまう瞬間・・・

いきなりですが、男女平等というのはなかなか成立しないというのが私の本音です。
いくら今の世の中、男性並みにお給料をもらって
働く女性が増えてきていると言っても、そうしなければ食べていけない現実があるからです。
それに職業別でみると、どうしたって男女差が生まれる職業だってあるでしょう。
たとえば、看護師。白衣のナースと言えばやっぱり女性を思い浮かべる人も多いはずです。

また、これは私がとある会社でアルバイトをしていたころの話しですが…
今でも女性と言えばお茶汲みとお客さま接待っていうのは根強くあります。
入社したてのとき、これが誰々の湯呑みで、お茶を差し出す順番はこう、と
指導された記憶がありますもの。
それだけのことでも男女平等とは言えませんよね。
明らかに女性を下に見ている証拠だと思いますし。

日本の政治だってそうです。
女性の進出を掲げ、女性を登用したのはいいけれど、
相次ぐ不祥事で「やっぱり女はダメなんだ」と思ってしまう場面も。
また、国会中のセクハラ発言とかあれって絶対男尊女卑の精神があるからですよ。

たしかに家庭に入って、専業主婦になる方が楽なのかもしれません。
でも外で働くか中で働くかの違いだけで、実際は主婦に休みはありません。
もしかしたら、外に働きに出ている方が楽なのかも…と思いますね。
きっと誰よりも働いているはずですから。

いくら強い女性が増えた、草食系男子が流行だと言っても
じつはそうせざるを得ない事情ってものがあるんです。
強くなきゃ、今の世の中生き残っていけないんですもの。
それに女性が強くなればなるだけ、男性の立場がなくなり、
その結果弱く見えてしまうのも仕方ありません。

また、育児休暇や寿退社、女性の再就職など特筆すべき問題はたくさんあります。
何だかんだ言って、育休を取る男性ってごくわずかですし、
働かなきゃ食べていけないと、男性こそ思うでしょうし。
再就職にしたって子供がいるから、時間に融通がきかないと思われて
門前払いになってしまう現実とかね。

普段の何気ない行動が、それって実は男女差別じゃないの?
ってことは挙げるとキリがありませんね。
それだけまだ男尊女卑の精神が残っているってことなんですね。
それも仕方ないんだと思います。
だって古来から男性は力強く、家族を守り養っていくもの、
女性は静かに夫についていき、家庭を守るものって
生物学的にも決められているんですもの。

ということは現代は何処か歪んでいるのかもしれませんね。

日本の教育、ココがイケていない。

日本の教育といえば、ゆとり教育という人も多いでしょう。
でも私はゆとり教育に「NO!」を突き付けたいのです。
まあ、いったんゆとり教育として学校での勉強時間を減らしたものの、
今はまた脱ゆとり教育とか言って元に戻っている風潮がありますが…。

私自身は進学校に進んだものの、学力はそれほどでもなく、脱落していった人間です。
でも確か有名大学に入るための特進コースが13クラス中9クラスもあった時代だったりします。
今となってはなんで学校はそんなに有名大学にこだわるのかって感じなんですけどね。

結局ゆとり教育も学校での勉強時間を減らした分、塾や予備校での勉強時間が増え、
何だかんだ言って学生は勉強漬けの毎日だったでしょう?
だから見直されたのかもしれないけど、じゃあどうしてゆとり教育なんて始めたの?

今の時代、大学の定員割れなんて珍しくないですよね。
どちらかというと生きていくために就職を選ぶ人が増えているってことで。
大学に進学したところで、その先の就職が有利になるとも限らない時代になって来てますもん。

また問題視すべきはゆとり教育だけじゃなく、いじめ自殺の問題。
一時期はいじめをなくそうという動きもありましたが、
人間に感情がある以上、嫌いな人間というのはどこかで絶対出てくるわけで
私はいじめはなくならないと思ってます。
実際年若くして、自殺してしまう生徒の何と多いことか…。

学校ってそもそもいじめ自殺を隠そうとしますよね。
自殺という大問題が起きてから動き出すなんて、
それじゃあまるで事件にならないと動かない警察みたいじゃないですか。
今でこそ無記名のアンケートを行って、減らそうとしている学校があるけど
先生に見つからなければいいと思って、いじめをやめない生徒だってきっといるはずです。

それに、私は昔いじめられっ子だったからわかりますけど、
年を重ねて再会したとき、いじめた方はすっかり忘れていて、
いじめられた方はいつまでも傷として記憶が残っているものなんです。
いじめられて、自殺まで追い込まれてかわいそう…というのも何か違う気がします。
ある意味、自殺は勇気がいる行動です。
だから死をもって問題提起するっていうのはあるかもしれませんが、
この世の中に死んでいいはずの人間なんていないんです。

結論として学校、親、生徒…いろんな視点で
ものを考えられる世の中になってほしいものですね。

医療業界の矛盾について|日本は医療業界を野放しにしすぎている!

私の個人的な意見なのですが、日本という国は医療業界を野放しにしすぎているように思います。
医者というと多くの人が偉い人、権威がある人と思っていますが、そういう意識が強すぎるのです。

例えば抗がん剤治療に関してもあきらかにこれは利益至上主義の医療業界
の思惑が見え隠れするのです。

ボクの知り合いの男性は60歳くらいで、胃がんと診断されすぐに手術。
つい先日まで元気だったのにもかかわらずそのわずか3か月後に亡くなってしまいました。

手術をしなければその後もしばらくは生きることができたにも関わらず憤りを感じてしまいます。
どうしてこういったことが起きてしまったのかを考えてみたのですが、

明らかに行き過ぎた手術が原因だったと思えるのです。
今、日本のガン治療が非常に鳥だたされています。

行き過ぎているのではないか?

やりすぎなのではないか?という声が多数上がっています。
癌治療で抗がん剤治療や手術をすればするほど病院が儲かるしくみになっています。

キミも病院に行ったことがあると思うけど、
必ず診察されたら薬をもらうでしょう。

あれってのはね、薬を出さば医院に金が入る仕組みになっているのですよ。
だから、別にどうってことのない症状にも関わらずすぐに医師は薬を処方したがるのです。

この間、耳鼻科に行ったときなんて本当いにビックリしましたよ。

何がそんなにビックリしたかと言うと、耳垢が鼓膜の上ののってしまい、
耳の奥で変な音が鳴っていたのです。

それを除去しに耳鼻科にいったんですけどね。そしたら、
小さな掃除機のようなものでちゃんと除去してくれました。

ここまではよかったのですが、その後に言われた言葉が今も忘れられません。

「何か薬だしておかなくてよかったっけ!?」

ってきなり医師に言われたわけですよ。
別に耳に何かおかしな症状があるワケではない。

にも関わらずです。あー、医療業界ってこんなふうになっているんだなー。。

ってちょっとがっかりした瞬間でもあったね。
最近では育毛業界がいろんな薄毛治療をおこなっていたりするけど、ああいうのも
金儲け至上主義になってしまっている感はどうしても否めません。

こういう業界の流れに誰も何とも言わないのですかね!?

ちゃんと、国民健康保険ってことで毎月高いお金を徴収されているワケなので、
間違ったことは間違っているとちゃんと言える人になってほしいと思うのです。

美容整形している割合が韓国女性で70%、日本人女性で20%!

最近は、美容整形を受ける人も増えてきていますね。

ある雑誌の取材によると、
日本でも約20%の方が美容整形手術をした事があるそうです。

でも、この20%って、どうやって調べたのでしょうね?

というのも、美容整形をする人って、
何回もあちこち整形を繰り返す傾向があるので、
1人の人が3~4回整形をしたとしたら、
美容整形率は上がっていくのではないかと思った次第です。

それはともかく、
日本では20%だったのに対して、
韓国では女性の約70%が美容整形を経験したことがあると言われています。

日本では美容整形に良い印象がありませんが、
韓国では、まるで美容院に行くような感じで整形に行くらしいです。

そして、日本人はあまり整形した事を言いたがらないのですが、
韓国人は、自らカミングアウトするのが普通なんだそうです。
親から子供に、美容整形を勧めるのも一般的みたいです。

なぜなら、韓国人は中身以上に外見にこだわるタイプなのです。

日本人はナチュラルさが大切だと思っていても、
韓国人は、パーフェクトな美を追求する傾向があるようです。
価値観の違いでしょうか。

私が驚いたのは、
韓国女性の70%が顔の美容整形を受けて、
出産後、約半数以上の人が女性器の整形手術を受けているというウワサです。

しかも、この女性器の手術に、
ほとんどの男性(夫)が賛成の意見だそうです。

女性器を美しくするのは、夫への愛情の証なんだと言われています。
このウワサは本当なのでしょうか。

もし私が夫に勧められたら、
「う~ん。やっぱりやらなきゃダメ?」
と聞いてしまいそうですが・・・(笑)

美容整形は、美しくなることと引き換えに、
後遺症や合併症などのリスクもあるので、
もし美容整形を考えている人がいたら、よく考えてからにしましょう。

 

 

やっぱり消費税10%は避けられないのでしょうか?

消費税が5%から8%になって半年余り経ちましたが、皆さんはもう慣れましたか?

私は、増税後の4月~5月、
買わないといけない物が出てくるたびに、
「あ~増税前に買っておけば良かった!」と後悔していたのですが、
最近は「高くなったなぁ~」と思うだけで、諦めモードです。

消費税は高くなるし、値上りした商品も多いので、
買い物に行くのが苦痛になってきました。

消費税は、今は8%でも今度は10%になると言われています。

やはり10%になるのは避けれそうにないのでしょうか。

しかし消費税10%って、
かなりスゴいと思うのは私だけでしょうか。

1万円の物を買ったら、消費税が千円ですよ。
さすがに痛いと思いませんか?

消費税が10%になった方が、税率の計算はしやすくなりますが、
ややこしくても良いので、増税はして欲しくないと思っています。

日々の暮らしには、贅沢をしなくても必要な物はあるので、
ゲームや娯楽品、電化製品などはともかく、
ぜめて食良品などに関しては、増税の対象外にしてほしいですね。

しかし、この消費税10%案は、
どうやら来年の秋には施行される予定みたいです。

4月以降、消費税問題について、
TVや新聞でも色々議論されているようですが、

実際に、消費税10%になるかに関しては、
今年の11月に公表される「国内総生産(7月~9月期)」などを参考に、
景気の動向を見た上で、年末に判断すると言われています。

やむを得ない事情があるのかもしれませんが、
消費税などが増税されるのであれば、
何らかの恩恵が、国民にもたらされるべきではないかと思いますね。

今まで以上に社会福祉や公共サービスなどを充実させていってほしいです。

このままでは、所得の低い人達や年金生活者達が、
本当に暮らしにくい日本になってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

そりゃー、ニキビも増えますよ!今の子供は!

先日、マクドナルドで軽くランチをしていたときのこと、ボクはちょっと目を疑った。
というのも、ベビーカーをひいた女性がマクドナルドに入ってきて、
ハンバーガーを子供にたべさせていたのだ!

子供にマック!!

もし、ボクに子供がいたとしたら、絶対にマクドナルドだけは行かせたくないですね。
先日も、マクドナルドの食品安全管理が指摘されていましたがあんなのは、ほんの氷山の一角だと思って強います。

ハンバーガーが100円で食べられるのは、すごくコスト的にはありがたいけど、
それだけ安く食べることができるってことはそれなにコストカットをしているってこと。

新鮮なものはすぐに食べないといけないのですが、
マクドナルドの肉ってどうやって鮮度をたもっているのでしょうかね?

冷凍しているのは分かっているのですが、あれだけの肉を安価で提供できるからには、
途中の工程で絶対に何か手を抜いているはず。

例えば防腐剤を大量にまいていたり。
本来使用すべきでない肉を使っていたり。。

考えただけでもゾっとしますよね。

そういう肉を子供に平気え食べさせる親の心境というのもちょっと理解ができません。
で、細菌ニキビで悩んでいる子供が増えているようですが、それってボクから言わせれば当たり前のことなんじゃないの?って気がするよね。

だった、あれだけ乱れた食生活をしているわけですから。

ニキビの原因ってのは、毛穴の皮脂。
偏った食生活をしていると皮脂に分泌量がどんどん増していきます。

子供ってのは、毛穴の穴自体がまだ大人と比べれば小さいので、
皮脂の分泌が過剰になってしまえば、皮脂腺から排出された皮脂は出口を失い、ゆくゆくはニキビの発生を招いてしまうというわけなのです。

http://xn--e-0eu9a2hzdta8b.net/cleter.html

こういう肌にならないためにも、まずはちゃんとした食生活を親が子供に提供するってことが何より
重要なんじゃないかなって思うよね。

私から活!しっかりしなさい、今の若い世代!

日本人はどうなるの?

今の若い子を見ていたら、心配になってしまうよ。

中国や韓国やアジア人に負けてしまうよ。

ゆとり世代がよくなかったのかもしれません。

あいさつもできないし、まともに働けるのかな?

先日もテレビを見ていたら、慶応大学に行っているアイドルが出てきたのですが、物を知らない!

天下の慶応大学なのに、なんであんなにも無知なんでしょう。

A・O入試とかのせいかな?

慶応なんて、昔は秀才ではなかったら入れなかったのに。

どうしたの??

私の会社にも若い子はいますが、まったく元気や覇気がないのです。

あいさつもしないし…。

こんなんで、大丈夫?

中国人はやる気があるので、すごいよね。

金持ちになる!

と思うので、すごく働きます。

日本人なんか、まったくかなわないぞ。

日本は豊かだから、ダメになったのかも。

別に、欲しいものもないし金持ちの親がいるので、金にも困らないし。

意欲もないのだ。

草食系で、恋にも関心がないから。

恋は生きていくための大きなモチベーションでしょう。

モテたい!

と思うので、やる気にもなるからです。

恋のパワーはすごいから。

このままでは??だな。

日本は平和だから、今のままでいいのかな?

生きていくのには、困らないよ。

安いものもあるし…。

毎日、マック喰っていたら、金もかからないし、牛丼もあるし、コンビニもあるし。

高齢化になって、じいさんばあさんが多くなったら国がダメになるね。

年金や保険も破綻!

しょうがないのかな?

100歳まで生きたら、財源なくなってしまうよ。

子供も少ないし。

誰が、年金代出すの?

やがては、さらに税金が高くなるのでしょう。

消費税も20%行くかな?

そんな時代になったら、ますます金がないな。

移民で、他の国の人にも助けてもらうとか?

こんな日本だから、平和なのかな?

テロや政争も少ないし、戦争もないし…。

まあ、いいか!

地震はこわいね。

大きな地震がくるのかな?

分からないね。

まあ、自分が喰うのに困らなかったらいいのかな?

やる気があっても、戦争とかテロとかとんでもないことがおこったら、ごめんだよ~~~。

やる気がないくらいで、まあまあかな?

若い子もたぶん自信を無くして、

まあ、いいか~~

とか、思っているのでしょう。

アニメ見て、マンガ読んで、アドル追っかけて…。

日常生活が平和でいいのかもしれません。

金儲けは疲れるし人間関係も壊れるし…。

様々な考え方やお好みがあるので、平凡がいいのかな?

多くをのぞまない方が落胆も少ないし。

就職しないフリーターたちを見てあなたはどう思いますか?

若い時には、今のことしか考えられないものです。

自分も若い時には、今のことしか頭にはなかったのです。

時間がたったら、だんだん心配も大きくなっていくのじゃ。

若い時から、先のことも考えておかないとね。

フリーターの子もいますが、あんな子は心配にはならないのでしょうか?

まあ、刹那主義でしょう。

友人も就職しないで、パン屋でフリーターやっています。

気が楽なんだって。

やめたくなったら、いつでも辞められるので。

その前は、ペンキ屋、その前はガス工事…。

全部、フリーターです。

今度は、天丼屋で働く気になっています。

食べ物屋で働くと、ただで喰えるので気に入ったらしい。

ペンキは食えないけれども。

様々な働き方があるのですが、彼は満足しているのでいいかもしれません。

就職しないフリーターたちを見て、あなたはどう思いますか?

将来は誰にも分からないので、できたら準備はしたらいいですが、どこまでやったらいいのかも分からんね。

先のことは分からないよ。

30歳くらいで死んでしまうこともあるし。

長生きするかもしれないし…。

貯金も100万円あっても、十分ではないでしょう。

保険もキリないよね。

自分の考え方次第でしょう。

就職しないフリーターたちの責任も、結局はやがては自分が取るのです。

金がなかったら、つらいよ!!

病気にもなれない。

少しはマジで働くといいの。

でも、生き方は自分で決めるので、

どうにかなる!

と思うかも。

先のために、貯金する気にもならないのかな?

まあ、余計なおせっかいでしょう。

自分は金がないから、一生懸命働いていますが、それでも金がないもん。

フリーターでも正社員でも変わらないかも。

貯金も100万なんかないよ。

10万もないかも。

まあ、いいか~~。

結婚もしていないし、子供もいないからこのままでいいかなとか思う。

もっと、ハードに働くのは無理だ。

英語もできないし、特別な才能もないから、今の会社でただ何となく働くことができたらいいのかなとか思うものです。

キミは、どんな考え方ですか?

もしかしたら、この問題は生き方や哲学にもかかわってきますから、簡単には解決できないぞ。

楽をしたい気持ちはあるけれども、80歳になって金がない!

とか言って、がんにかかって何もできないのも怖いぞえ!

まあ…。

ガンになるのかならないのかなんか、神のみぞ知る!

で、自分ではコントロールできないことなのですが。

未来のことは分からないから、その分備えが大事ですが、どこまでやったらいいのか未知数です。

だったら、今楽しい方がお得かもね~~。

猪瀬知事が5000万円を受け取っていたことで思うこと

政治家はお金の問題が年中おきていますが、なんで?

この前も、猪瀬知事がお金の問題でクビになったのです。

徳洲会から、5000万円ももらっていました。

誰でもやっているのです。

猪瀬さんなんか政治家にならないで、傍から文句言っていたらよかったのに!

政治家になりたくなったのかな?

権力がみんな好きです。

政治家は特殊な人間だから、肝っ玉がデカくなかったらできないよ。

だいたい、他の人の顔色を年中見ながら生きていかなくてはならないのは絶対にいやだ!

窮屈な生活したくありません。

自分も嫌ですが、家族はさらに嫌でしょう。

子どもなんかは、最悪な気持ちになると思うのです。

政治家の子どもがたまにぐれてしまうこともあるのですが、その気持ちは私はよく分かるね。

親はよくても、子どもは気に入らないでしょう。

猪瀬知事は東京電力とかバッシングしていましたが、電気がなくなったら困る。

みんな、電気がなくなったらどうすんの?

パソコンもできないし、手術も産業もできなくなってしまうのだ。

そんな怖い生活したくないから、電気は大事です。

舛添知事になったけれども、なんか変わるのかな?

特別なことをしないでもいいので、平和で税金が高くならなかったらいいですね。

政治家はすぐに特別なことをしようとしますが、あまりよくありません。

小泉さんの郵政改革だって、結局は何も恩恵なかったよ。

恩恵あった人いるのかな?

郵便局もなくなったら困るし。

猪瀬さんは、やがて逮捕されるのかな?

国政では同じように、渡辺喜美がDHCからお金借りて問題になっていますが、金持ちはいるものです。

裏がなかったら、何億も貸さないので、自分たちの商売に都合よく政治家は使う気なんでしょう。

貧乏人には、たった1円だって誰も貸してくれないよ。

まあ…。

1円でも変なことになったら逮捕されるので、関係なく暮らしていた方が気が楽です。

政治家なんか、特別な野望がなかったらなれないよ。

自分のことでも分からないことがたくさんあるのに、他の人のことなんか誰も分からないから。

地味な仕事をして、自分のことのみを考えながら生きていくのが1番いいかもしれません。

なんかやろう!!とか野心を持っても、ろくな結末にはならない感じがします。

猪瀬さんも、今頃なんでこんなことになったのかな?

こんなことになるのだったら、何もしなかったらよかったなと思っているかもしれません。

後悔、先に立たず!

余計なことは、やらない方がいいに決まっているからです。