日本の教育、ココがイケていない。

日本の教育といえば、ゆとり教育という人も多いでしょう。
でも私はゆとり教育に「NO!」を突き付けたいのです。
まあ、いったんゆとり教育として学校での勉強時間を減らしたものの、
今はまた脱ゆとり教育とか言って元に戻っている風潮がありますが…。

私自身は進学校に進んだものの、学力はそれほどでもなく、脱落していった人間です。
でも確か有名大学に入るための特進コースが13クラス中9クラスもあった時代だったりします。
今となってはなんで学校はそんなに有名大学にこだわるのかって感じなんですけどね。

結局ゆとり教育も学校での勉強時間を減らした分、塾や予備校での勉強時間が増え、
何だかんだ言って学生は勉強漬けの毎日だったでしょう?
だから見直されたのかもしれないけど、じゃあどうしてゆとり教育なんて始めたの?

今の時代、大学の定員割れなんて珍しくないですよね。
どちらかというと生きていくために就職を選ぶ人が増えているってことで。
大学に進学したところで、その先の就職が有利になるとも限らない時代になって来てますもん。

また問題視すべきはゆとり教育だけじゃなく、いじめ自殺の問題。
一時期はいじめをなくそうという動きもありましたが、
人間に感情がある以上、嫌いな人間というのはどこかで絶対出てくるわけで
私はいじめはなくならないと思ってます。
実際年若くして、自殺してしまう生徒の何と多いことか…。

学校ってそもそもいじめ自殺を隠そうとしますよね。
自殺という大問題が起きてから動き出すなんて、
それじゃあまるで事件にならないと動かない警察みたいじゃないですか。
今でこそ無記名のアンケートを行って、減らそうとしている学校があるけど
先生に見つからなければいいと思って、いじめをやめない生徒だってきっといるはずです。

それに、私は昔いじめられっ子だったからわかりますけど、
年を重ねて再会したとき、いじめた方はすっかり忘れていて、
いじめられた方はいつまでも傷として記憶が残っているものなんです。
いじめられて、自殺まで追い込まれてかわいそう…というのも何か違う気がします。
ある意味、自殺は勇気がいる行動です。
だから死をもって問題提起するっていうのはあるかもしれませんが、
この世の中に死んでいいはずの人間なんていないんです。

結論として学校、親、生徒…いろんな視点で
ものを考えられる世の中になってほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>